クライアント仮想化技術を利用したワークスタイル変革事業


この事業は、今、日本の大問題として言われている

「少子高齢化」

という問題を、解決するために必要な技術です。

この事業を、日本中に浸透させていくことで、
結果的に、「少子高齢化」問題が解決できるものと
信じています。

なぜ、この技術が、「少子高齢化」問題を
解決できるのかは、

「少子高齢化」問題を解決するITC~その1~
「少子高齢化」問題を解決するITC~その2~

をご覧ください。

クライアント仮想化技術とは、

「いつでも、どこでも、どんなデバイスでも」

企業のIT環境を利用できる仕組みを実現する技術のことです。

この技術を利用することにより、多くのメリットを受けることができます。

・柔軟な勤怠(テレワーク)を実現し、従業員のワークスタイルが変わる
・会社全体のセキュリティを向上させる
・社内情報システム部門の負担が軽減される
・BCP環境の構築による、業務継続
などなど。

株式会社 K-Projectでは、クライアント仮想化環境の構築サービスを
提供します。