【脱サラ万歳!ブログ】家族とのかかわり方が変わる~その3~


皆さん、こんにちは。
K-Pro社長です。

今日も、私が会社を辞めて
独立した後の、
家族とのかかわり方の変化に
ついて書きます。

今日は、次男とのかかわり方の変化です。

次男坊は、高校1年生です。
どちらかというと、長男坊よりも
見た目、性格、どちらもおとなしいです。

服装や髪型もあまり気にしません。
こちらが心配になるぐらい、
寝癖を付けていても、
平気で学校に行きます。

彼は、中学時代、
卓球部に入り、
一生懸命、怖い先生の元、
精一杯頑張りました。

頑張った結果、
市の大会で、3位になりました。
ちゃんと、結果の出せる子なのです。

高校受験も、2つの候補を受験し、
確実に合格しました。

やればできる子なのです。

そんな次男坊が、
高校入学後、
部活には所属せず、
帰宅部になりました。

いつも自分の部屋で
時間を過ごすことが多いです。
(引きこもりではありません!)

自分の安心できる部屋で
やりたいことをして過ごすことが
大好きなのです。

勉強も人並み以上の成績です。
塾もいかずに、よく頑張っています。

ただ、彼の夢や、
行きたい学校などを尋ねると

「別にない」

んー。
ちょっと、考えてしまいますね。
心配にもなりますね。

彼は、何かすることが決まっていれば、
頑張れる子なので、
目標を早く決めてほしいと思っています。

私が、独立した時も、
その前も、残念ながら
あまり関係が変わっていません。

彼は、私が、独立ではなく
転職するものだと
考えていたようです。

なぜ、一定のお給料をもらえる
転職を選ばなかったのか?
少し不思議だったのですね。

そんな父親のことを
どう思っているのでしょうか?
聞いてみたいですね。(笑)

彼には、彼のペースと空間があり、
他からの影響を、
なるべく受けないような
立ち位置で、存在したいのです。

ひょっとしたら、
少し怖がりなのかもしれません。

私としては、独立した自分を
見せていくことで、
彼が思っている

社会に対する恐怖心

を、少しでも、小さくすることが
できれば良いのではないかと
思っています。

独立したいけど、

決断できない人

が多い世の中。

リスクを冒さず、
安定を求めること
を選ぶ人たち。

ただ、

飛び出す決断をした人たちしか
わからない世界も
確かにあることを
息子たちに教えてあげたい!

そう思う父親なのでした。

【追伸】
我が家には、犬の「あすか(オス)」と
「はるか(メス)」がいます。
「あすか」は、甘えん坊なので
私がいると、安心しているようです。
以前よりも、甘え方が半端なくなりました(笑)
「はるか」は、次男坊と同じく
あまり変わりません。

結局、関係の変わり方は、
それぞれによって、
異なるのかもしれませんね。

しかし、効果は絶大です!