【脱サラ万歳!ブログ】経営者としての覚悟~その1~


皆さん、こんにちは。
K-Pro社長です。

今日は、昨日参加したセミナーの
フィードバックと
私の気づきについて、書きます。

昨日、私は、ベストセラーを書いた
お二人の対談セミナーに
参加しました。

・『未来ノートで道は開ける』の
著者 渡邉幸義さん
・『1日30分を続けなさい!』の
著者 古市幸雄さん

のお二人です。

セミナーの内容的には、
渡邉さんの未来ノートについて、
なぜ、未来ノートを書き始めたのか?
どんなことを書いているのか?
継続するためには、どうすればいいのか?
などなどです。

この対談の中で、私の気づきについて
書いていきますね。

1.目標は、見込み(大法螺)
良いということ。
また、思ったことを、
ホンネで書くこと。


2.目標を明確に書き出し、

目標にに向けた個々の
アクションを細分化し、

一つずつ実行していく
計画を立てること

まずは、1から。
いろんな自己啓発本に、
書かれていることですね。
そうなんです。

目標を書くこと!

解っちゃいるけど、書けないですね。
っていうか、書いてませんでした(笑)

なぜか?
書く目標が、あまりにも現実味がないから。
または、達成しないと、恥ずかしいから。

でも、渡邉さんは、言いました。

「見込みで良い。
大法螺で良い。」

なんか、すっきりです。
つかえていたものが、
すっと無くなった感じです。

対談中に、自分のノートに
会社の数値目標を10年後まで、
書いてみました。

すごいことになってます。(笑)
ワクワクします。
内容は、言えませんが。。。(笑)

書いてみると、いろんなことが
見えてきますね。
どんなに大変なのか。
今のままでは、難しいことも。
そして、そこには、

覚悟がいること

覚悟がなければ、
書いただけとなる。
覚悟がなければ、
やる意味がなくなる。
覚悟がなければ、
自分の『志』を果たせない。

何のために、自分は起業したのか?
そこに直結する。

忘れかけていた自分の覚悟。
それを呼び戻してもらいました。
脱サラしたいサラリーマンの皆様に、
これは、忘れないでほしい。

覚悟ができれば、
決断できる。
そして、起業できる!

あとは、行動のみ!

明日は、気づきの2について
書きますね。

ではまた。


コメントは受け付けていません。