【脱サラ万歳!ブログ】残業のこと~その1~


皆さん、こんにちは。
K-Pro社長です。

今日は、最近、社会問題にもなっている、

「残業のこと」

を書きます。

皆さんは、会社で、
沢山、「残業」していますか?
昨年の某商社での、事件。
なんとも言いようのない、
悲しい事件でしたね。

日本の会社って、
「残業」することが美学だ!
というところが、多いと思いませんか?
おそらく、会社としての表面上は、
「残業を減らしなさい」
なのですが、実際の現場は違いますよね。

それはなぜでしょうか?
それは、「残業」をたくさんしていると、

仕事をしているように
見える。

からです。
本当にそんなのでよいのでしょうか?

私的に、そんな考え方は
ナンセンスです!

なぜ、「残業」している人が
評価をされて、
「残業」していない人が
評価をされないのか。

当然、仕事をしていない人は
評価をされません。
しかし、結果を出し、
出来る限りの効率化を
自ら行い、沢山の仕事量を
業務時間内に、全て処理する。

これこそ、

残業しない「美学」

です(笑)。

「残業」することを
評価基準にするのは、
評価者の能力がないから。
ちゃんと、自分の部下を
見ていないから。
「残業」という尺度でしか
判断できないのです。

本当に評価されるべきなのは、

「結果」

を出したのかどうか。

そう、結果を出し、そして
「残業」も少ないこと。
これが

最高の評価

を受けるべき事だと
思うのですが、
皆さんは、どう思いますか?

「残業」をすることの
デメリットは沢山ありますよね。

・慢性的に、時間を浪費する
・体の疲れ、寝不足など
・自分の時間(家族との時間)がなくなる
・生産性の低下(先進国の中でも生産性が低い)
・会社の人件費・電気代の増大

「残業」は、あまりいいことが
ありません。

自分や家族を犠牲にしてまでも、
会社のために「残業」する。

皆さんは、いつまで続けますか?

あっ、独立したら、どうなるでしょうか。
それは、他の機会に書きますね。

では、よい一日をお過ごし下さい。

 


コメントは受け付けていません。