【脱サラ万歳!ブログ】退職に向けてのフェードアウトのやり方


皆さん、こんにちは。
K-Pro社長です。

今日は、

「会社からのフェードアウト」

について書きます。

さて、今までブログに書いてきたように、
上司にきっちりと、退職願いをして、
承認されました。

やっと、独立に向けた第一歩です。

あとは、
・起業の準備
・退職するための準備
ですね。

今回は、退職するための準備
を書きたいと思います。

当然、会社は、あなたが
退職することで、
この先、どうしていくのかを
考えなくてはなりません。

人員の配置や、
補充人員の確保。
実際に、組織として
業務が継続できるのか。
など、いろいろ大変なのです。

今までお世話になった
会社なのですから、
自分が退職するその日まで、
しっかりと、会社のために
出来ることはやりましょう!

最初は、

自分のコピー(後継者)

を作ること。
自分が今までやってきた業務を
他の誰かに、引き継ぐことですね。

退職するまでに、
誰を教育していくのか。
それを、上司と相談して
進めていってください。

次に、

資料作り

ですね。
一番大事なのは、
誰でもわかっていることは
必要ないということ。

あなたしか
知っていない情報

を残すことが大事なのです。

例えば、あなたが懇意にしている
お客様を、引き継ぐのであれば、
その人がどんな人なのか。
どんな好みがあるのか。
仕事では、どういう仕事の仕方を
する人なのか。

これを、資料としておくことです。

また、その中でも、
会社にとって
重要なお客様であれば、
事前に、退職の連絡をしておき、
引継ぎのためのアポイントを
取ることも必要となりますね。

それにより、あなたから後任者が
明示的に担当変更になることが
明らかになりますし、
そのお客様からすれば、
責任を持って、
引継ぎをしていると
見てもらえます。

そして、今まで、
かわいがっていただいたお礼と
この先も、お付き合いいただけるように
あなたが、お願いするのです。

最後に、一番大事なこと。

それは、

自分が業務をしない期間

を、作ること。

自分が退職後、
急にいなくなってしまって
残されたメンバーが
大変なことにならないために、
猶予期間を設けるということです。

それで、何も起こらなければ、
そのまま、退職すればいいのです。

この期間は、自分にとっても
貴重な時間となります。
それは、起業の準備で
いろんなことを
しなければならないからです。

うまく会社での仕事をやりながら
如何に起業の準備をするのか
やってみてください。

ちなみに、私は、
退職までの期間が
とても長かったので、
内職を結構、
たくさんすることができました。(笑)

最後に、

立つ鳥跡を濁さず

です。

今までお世話になった、
会社の人たちに、
退職の報告をしましょう。

中には、
とても喜んでくれる人たちも
いれば、
辞めないほうがいいと、
いう人たちなど、
様々います。

全部ひっくるめて、
ありがとうという気持ちを
伝えてください。

明日は、起業の準備について
書きたいと思います。