【脱サラ万歳!ブログ番外編】最近のニュースをみて思うこと~その4~


皆さん、こんにちは。
K-Pro社長です。

今日も、

「最近のニュース」

を見て、思うところの続きを書きます。

昨日は、「女性活躍推進法」の
目的に関して、書きました。

そして、その制度や法律を
作るだけでは、十分な対応とは
言えないことも
ご理解いただけましたか?

その十分でない所は、
環境なのです。

女性が働きやすい、
仕事を続けていける
環境とは何でしょう?

・男性との差がない評価と給与
・キャリアアップが可能
(管理職への道)
・結婚や出産時の保護(復帰)
・子育てと仕事の両立

こんな感じでしょうか。

実際、私が勤めていた
会社でも、優秀な女性が多く、
精神的にも強い方が
多かったように思います。

そんな優秀な女性たちに
気持ちよく働いてもらう
環境が、一般的に広まると
いいですね。

では、先ほども書きましたが、
制度、法律だけでは、補えない
部分とは、何なのか?

それは、

「インフラ環境」

なのです。

特に、出産前や、出産後の
子育ての時期に必要な
物となります。

このインフラ環境は、
自宅から、時間を問わず
会社の環境にアクセスでき、
しかも、セキュリティが
しっかりとしている
IT環境のことです。

このIT環境を利用して
仕事をすることを

「テレワーク」

と言います。

在宅勤務や在宅就労と
同じ意味です。

この環境があることにより、
出産前や子育て中でも
自宅から、空いている時間を
利用して、仕事をすることが
出来ます。

これだけではありません。

ある程度、子供が成長してくると、
女性は、仕事復帰します。
しかし、突然、子供が病気に
なったり、怪我をしたりして、
会社を休んだり、早引きしたり
する必要があります。

その場合、母親だけが
その対応をするのではなく、
父親が対応しても
いいわけです。

夫婦で、仕事と子育てを
両立できるのです。

現状では、やはり、母親が
対応することが多いようですが
このインフラ環境が
整うと、このようなメリットも
出てくるのです。

このように、「テレワーク」の
環境が整うようになると、
女性だけでなく、全従業員が
利用することにより、
そもそもの会社での働き方が、
変わっていきますね。

それが、最終的には、
出生率の向上や、
良好な家族関係の確立に
つながっていくことを
期待したいですね。

ちなみに、私K-Pro社長の会社は、
このテレワークの環境を構築できる
会社です。
(ちょっと宣伝っぽい?)

働く女性の為、
日本国の為(笑)、
この環境を推進していきます。

みんなが笑顔で
いられる

社会を作る

これが、我が社のコンセプトです。

では、また明日!


コメントは受け付けていません。