”セミナーばばあ”と呼ばれて


3月のある日、いつものように
思いついたアイデアやセミナーで
学んだことを主人に話していると

主人「あっ思いついた。」

とこちらを見てニヤニヤ。

私 「何?何?」
主人「えっ別に・・・」
私 「気になる」
主人「言ったら、怒るから」
私 「怒らないから、言って」

何回かこの会話が続いた後・・

「セミナーばばあ」

確かにセミナーにはよく行くけど
”セミナーばばあ”はひどくない?

初めは受け入れられませんでした。
特にばばあの部分は。

でも、客観的に見てみると
49才はばばあかも・・・

人から言われると、ムカつきますが
自分で声に出してみると
あまり抵抗がない自分がいました。

私セミナーが好きなんだ。

改めて気づきました。

人生の半分が過ぎ、老後の2人の生活を
どうして過ごしていくかを考えるために
作家の本田健さんの合宿セミナーに
参加したのが自分追究の始まりでした。

それからいろいろなセミナーに参加して
新しいことを学ぶ度に主人に
話していました。
かなり、ハイテンションで。

今ではすっかり慣れましたが、思い返すと
初めは一人で参加することが怖かったです。
お金のブロックがあり、自分の勉強に
投資なんてできませんでしたし
自分に自信がなく、精神的にいつも主人に
依存していました。

でも、これじゃいけない。変わりたいと
本気で思い、行動してきました。

合宿では車にスーツケースを忘れて
主人に後から送ってもらったり
合宿から帰ると主人と次男がもめていたり
長男に責められケンカしたり。
いろいろ大変なこともありましたが
自分のことを知り、相手を認めて、尊重して
話し合ってきたら、思い描いていた以上の
環境に変わっていきました。

主人は長年やってきたIT関係の仕事で起業し
誰にも束縛されない生活を送っています。

長男は子供の頃からの夢のパイロットを目指して
日々バイトと英語の勉強を頑張っています。

次男は自分の好きなこと(マンガ、アニメの発掘など)
を思う存分楽しんでいます。
最近はホットケーキや自分のお弁当を
作ってくれるようになりました。

皆時間と心に余裕ができたお陰で
家事を分担してくれるようになり
私は新たなビジネスを立ち上げる
時間が確保できるようになりました。

セミナーばばあ恐るべし!

セミナーばばあは
話が長く、世話好き。優しくて、
勇敢で勇気がある。人が好き。本物が好き。

そんな自分を認めることができました。
母の愛は地球のように大きいのです。

けして諦めない。自分らしさを貫く
強い気持ちと行動力があれば、
未来を変えることができるかもしれません。


コメントは受け付けていません。