【脱サラ万歳!ブログ】借金は悪?


皆さん、こんにちは。
K-Pro社長です。
GWもあと2日。
だんだん、心がブルーに
なってきていませんか?(笑)
私は、超ブルーです!!(爆笑)

今日は、

「借金は悪?」

について、書きます。

皆さんは、今、
借金をしていますか?(笑)
いきなり、なんやねん!
ですね。

世の中には、住宅ローンや、
車のローン、その他いろいろな
借金がありますね。

借金があると、
なんとなく、心が
重く感じたり、
いつまで続くのか
気が遠くなりますね。
住宅ローンで30年返済
なんて言われたら、
ぞっとします(笑)

個人で借金を背負うと
いうことは、
皆さんにとって

「悪」

ですね。

悪いという感覚よりかは、
自分にとって、
あまり歓迎できないこと
のような感覚でしょう。

できれば借金は
したくないですね。

では、起業して借金を
することは、
「悪」でしょうか?

最近では、

「無借金経営」

なんて言葉もありますね。

かっこいいですし、
健全な感じがしますね。
経営者として、
誇りに思えることかも
しれません。

実をいうと、
私も、それをやろうと
思っていました(笑)

今の私の仕事は、
あまり、経費が
掛かるわけではなく、
普通に利益がでれば
それほど資金難に
なることはないと
思っていました。

しかし、経営をしていくうえで
いつまでも永遠に、事業が
順風満帆で続けられるかは
わかりません。

ひょっとしたら、
リーマンショックがあった
時のように、急激に
景気が悪化して、
事業継続が難しくなる
可能性もゼロではありません。

そんなとき、
必要なのは、

運転資金(お金)

ですよね。

経営者としては、
万が一の時のためにも、
お金を留保しておく
ことも大切なのでは
ないかと思います。

実は、私は、よく
株式会社武蔵野の
超超ワンマン社長である

「小山 昇」さん

の本を読みます。

この方の著書の中に
銀行との付き合い方の本が
あります。

「99%の社長が
知らない
銀行とお金の話」

この著書の中で
一番最初に書かれているのが
このブログのタイトルなのです。

この続きは、明日書きますね。

では、また!


コメントは受け付けていません。