【脱サラ万歳!ブログ】借金するぞ!!~その2~


皆さん、こんにちは。
K-Pro社長です。

今日は、

「借金するぞ!!」

の続きを、書きます。

昨日は、借金をすることは
事業を継続していくことで、
赤字でも、資金があれば
会社は存続できると書きました。

そうなんです。
日本の企業のうち、
そのほとんどが、
実は

「赤字」

なんだそうです。

その中で、
倒産する会社もあれば、
継続している会社も
あるわけです。

銀行から融資を受けることの
目的は、事業拡大ですが、
それだけではありません。

それは、

「危機的状態を
凌ぐための
ストック」

なのです。

なぜ、そうなのか。

私も、やってみて
わかったのですが、
銀行の融資は、

「お願いします!」から

「はいどうぞ。」

まで、
結構時間がかかるのです。

ということは、
急激な状況変化によって、
会社の経営が難しく
なってきた場合に、
すぐに融資を受けることが
できないのです。

なので、
予め融資を受けて、
そのお金は、
手を付けないで、
何かあったときの
備えとする。

「時間と余裕」

を持つために、
銀行に利息を
払っているのです。

今の金利は、
だいたい2%ぐらいです。
この金利が、安心料と
考えれば、安いものでは
ないでしょうか。

私の会社でも、
融資を受けることに
なったと、
昨日、書きました。

しかし、その融資は
基本、手を付けない
つもりです。

もし、緊急で必要になった
場合でも、
利益が出たときに、
使った分を戻して、
借りた金額を
保持するつもりです。

そんな会社運営も
一つのリスク回避のための
方法なのです。

では、また明日!