2.働き方改革IT基盤構築推進サポート


2.働き方改革IT基盤構築推進サポート

政府による『働き方改革関連法案』が、
2019年4月から随時適用されることが決まっています。
この法案は、大企業だけでなく、私たち中小企業にも適用されます。
その中心的な法案は、以下です。

  • 残業時間の上限規制
  • 有給取得の義務化
  • 勤務間インターバル制度

これらの法案は何を意味するのか?
従業員の実質勤務時間が減少するいうことです。
人材不足で、ただでさえ業務に支障がでているこの時期に、
法律として従業員の勤務時間を制限するということなのです。

では、これらに対応していくためには、どうすればいいのでしょうか?
『優秀な人材を大量に確保する』
『業務効率を最大限に向上させる』
とういう方法はあります。
しかし、『優秀な人材を大量に確保する』は現状難しいでしょう。
そうなれば、

『業務効率を最大限に向上させる』

以外の方法は無くなります。

では、これらを実現するためには、どうすればよいでしょうか?

  • 業務自体をシンプルにし(業務プロセスの見直し)、ミスを少なくする
  • 手動で行っていた業務を、機械(IT)で行う
  • 社内間の情報共有化を進める
  • 従業員を適材適所に配置する

上記の中で、IT化による業務効率は必須事項となるでしょう。
私達は、お客様の環境にあったIT基盤構築を提案、サポートいたします。